LINE飲み会ってどうなの?やってみた感想だよ。

スポンサーリンク

何年か経ったらこの時期を境にコロナ前、コロナ後と呼ぶのだろうな。

色々なニーズがあるとは思うけれど、仕事をしていない僕の場合、オンラインで必要なのはレクリエーション。オンライン飲み会です。

実際にやってみたので、その感想を。

利用したアプリはLINEのグループ通話。仕事ではzoomというのが流行っているみたいだけれど、もともとLINEでグループができていて、タブレットやPC環境でLINEができるのであれば、すぐにできるので全く不満なしだった。
グループ通話したのは、幼稚園のママ友と中学の部活の友達。
幼稚園ママ友は、昨年度父母の会で一緒に活動した仲間で、カラオケ行ったり坐禅を組みに行ったりと、普段の遊び仲間的仲良しグループ。
中学の友達は、15年くらい前から、年に一度くらいのペースで集まったり、たまにLINEで話題共有したりするグループ。

先にやったのはママ友グループで平日夜。夕食など落ち着く予定の20時開始。
僕はそもそも飲むのが好きなので、久しぶりの飲み会ということもあり張り切って色々なつまみを作り、酒もビール、ワイン、日本酒と、様々用意。
ところが結果的には、ママ友(女性)で時間が夕食後設定だったので、ひとりだけ食べまくって飲みまくることになった。まあそれでも、オンラインだから逆に気にならなかったけど。
もしこのメンバーで飲み屋に行ったら(リアル飲み会はしたことない)、男ひとりで飲み食いしまくってしまうだろうと予想していたので、気まずくならなかったのは幸いかも。

そう意味では、飲み食い好きの楽しみは、あまり得られなかったかなあ。
たまに家で一人飲みをしているので、自由なもの食べて飲むというスタイルは普段からやっている。
画面越しにもみんなで飲み食いをワイワイできるかなあと期待していたので、そこは残念だった。
それに、幼稚園のママ友なので、前半は子どもも登場したり、我が家も妻と息子が同じ部屋にいたり(我が家は部屋数が少なく、リビングダイニングと寝室しか部屋がない)と、当たり障りない話題が多くなったことも、気分が盛り上がらなかった要因かもしれない。

そういう面では、飲み会と思わずに、会えない代わりに元気な様子を画面越しに確認するものと思えば、久しぶりに他人とどうでも良い会話ができて十分に楽しかった。

中学のグループとは、金曜夜21:30から。実は連日だったのと、ママ友との“飲み会”が個人的に不発だったこともあり、参加するか迷っていたのだけど、家族が全員寝たうえ、僕が参加すれば全員参加になることがわかったので、少し遅れたけど参加した。

時間的にも、心構え的にも、料理は特に用意せず、昨日の残りの酒とつまみ。

感想としては、こちらの方が話が盛り上がった。たぶんその理由は、このグループで会う時にはいつも酒を飲んでいるので、いつもの雰囲気だったこと。時間が遅かったから家族の気配がなかったことかな。

そして、久しぶりの集合だったため、話題が豊富。結婚決まったやつもいたし、単身赴任だったり海外だったりで遠く離れたやつも同じように参加できたこともよかった点かな。
飲み食い好きの飲み会としては、物足りなさも感じたけど、遅い時間に始まったこともあり、2次会と思えばこんなもんかな。
いつも会っているグループだと気恥ずかしさもあったけど、久しぶりグループだと顔見れただけで良かったなって気もして、より楽しめた。

主観でしかないけれど、結果的にはそんな感じ。
会いたいなって人たちには、会えないもどかしさを感じて、久しぶり〜元気か〜?って人たちには、会えて嬉しかった。
そして、飲み食いに関しての欲求はあまり満たされず、かえってひとり飲みの方が、好きな動画を見たり作業したりしながらできるから良いかな。

タイトルとURLをコピーしました