読書の初夏9

スポンサーリンク

嶽神 長谷川卓

時代小説は体に合わない,と言ったばかりだったけど,面白かった.
ひとつは,RPG的な面白さかもしれない.
主人公が様々な人と出会い別れ,魔王(じゃないけど)を倒しに行く.その最中で仲間達も成長して行く.
それと,心情や情景,人情などがリアルに描写されていて,かつ会話を遮らない文法を使っていて,とても読みやすかった.
登場人物が多く,誰がどこの味方なのか良くわからなくなるところもあったが,軸がしっかりしていることや,場面が変わるたびに新たな展開があり,最後まで面白く読めた.

タイトルとURLをコピーしました