読書の初夏6

スポンサーリンク

六枚のとんかつ 蘇部健一

ミステリー.とは名ばかりか.謎解きでモノではあるが,コメディタッチで,笑わされた.
短編がいくつかも掲載されているが,数編読むと,だいたい流れは読める.
ロジカルシンキングのクイズ本のようだった(こういう本をロジカルシンキングと見分けられないところが,僕の頭のロジカルシンキングできなさ具合を表してるのだろうな).

ここのところ立て続けに読書しているが,文体からなのかなんなのか,
はじめの数行を読んだだけで,色の違いが読み取れる.言葉の力のすごさなのかな.
同じ日本語を使っているのに,数行で世界観が伝わる.

タイトルとURLをコピーしました