読書の初夏5

スポンサーリンク

憑神 浅田次郎

落語のような軽快な文章でずんずん進んでいく中に,仁や義,そして命の重さについて訴えかけるような文章.
「椿山課長の七日間」にも似たような世界観だったが,楽しめた.
親子の話が出てくりゃなんでも受付けている気がしないでもないな・・・.

タイトルとURLをコピーしました