読書の初夏3

スポンサーリンク

ボックス! 百田尚樹

「永遠の0」以来の百田尚樹.
ストーリーはまぁ普通.ちゃんと盛り上がるし,面白かった.
ただ,主人公が二人になってしまい,書き手も困ったんじゃないかな〜なんて裏読み.
読み物としては,一気に読める颯爽感,軽妙感があり,楽しめた.
一方で,すごくわかりやすい説明書を読んでいるような気もしてしまう.
登場人物の感情の揺らぎや情景の表現が薄く,ストーリーを追っているうちに読み終えてしまった感じ.
(意外にもステレオタイプの登場人物しか描けていないのかもと思った.それが受ける理由なのかもしれないけどね)
じっくり読みたい小説ではないな.
ボクシングには詳しくなりそうだけど,再読したいとは今のところ思わないな〜.

タイトルとURLをコピーしました