稲作

スポンサーリンク

食は土にあり 永田照喜治

永田農法という有名な農法の開発者の著作。

まだ、読み途中だけどメモ。

『ハイブリッド F1種子』
二代目は一代目のゆうしゅうなけいしつを発現しないため、毎年、新しいハイブリッドの種子を買わなければならない。

独占という経済的なアンバランス、遺伝子操作という自然界への影響など危険であると述べている。

自分で稲作をはじめた場合でも、ハイブリッド種子を購入するのだろうか??
収穫した米を次の年に使うことはできないのか?難しいのか?

タイトルとURLをコピーしました