上司に辞意を伝えた

スポンサーリンク

今日,上司に辞意を伝えた.

やはりというか,予想はしていたが,とりあえず保留ということになってしまった.

やめる理由を話すと,対応策をあげられ,強く反発する言葉も出ず,とりあえずもう一度考えるとは言った.
まぁ,実際,明日にでもやめるというわけではないし,
最終的には,僕の意思を尊重すると言ってくれているので,
今日のところは,意思を伝えただけでOKかと.
本当に急だと,いろいろ困ることもあるだろうからということで,余裕を持って3ヶ月前くらいのこの時期にと思っていたので.

チームの変更など,会社が嫌になったことに対する解決案を出してくれたが,
やはり根本的には繋がりが切れることはないだろうし,
モチベーションが無いことについても,職種変更を提案してくれたが,
やはり,人間関係が退職理由の大きなところなので,撤回は難しい.

この上司は,業界でも有名な人で,遠く憧れの存在でもあったので,
抜けられるのはきついと言ってくれることは,非常にありがたいのだけれど,
やっぱり,いろいろリセットしたいという気持ちが強い.
もっと純粋に生きることを目指したいと思う.
もうちょっとだらだら続けてからでも時間はあるのかもしれないけれど,
やはり,そういうのは,自分の大好きなこの業界のためにもならないと思う.
(多くの人は,利己的にやっているんだから,大きな問題ではないとも言われたけど)
先細りで,いつクビになるのだろうかと気にして生きていくのは,もう嫌だな,というのが今の思い.

結局弱い人間の選択かもしれないけれど,家族のために生きる.
家族のためにできることをやりたい.

タイトルとURLをコピーしました