生ゴミリサイクルから作られた野菜

スポンサーリンク

「吉田俊道 生ごみ先生の元気野菜革命」

スーパーで買ったキュウリと,生ゴミリサイクルで作ったキュウリを比較.
3センチほどの輪切りにし,真夏の室内に放置.
スーパーのキュウリは3,4日で腐りはじめ,6日目にはカビだらけ.16日目にはドロドロで原型を失くす.
一方,生ゴミリサイクルで作ったキュウリは,16日経ってもぴんぴんしたまま.26日目には黄色に変色したものの,汁一滴も出ていない.

これが,素晴らしい野菜とそうではない野菜の比較になっているのかどうかはわからないけれど,
確かに,夏休みにおばあちゃんちの台所に放置された野菜は,いつまでたっても腐らずにいたような気がする.
(おばあちゃんちの庭で取れた野菜が,どうやって育てられていたのかはわからないが・・・)

きっと,酸化耐性や水分保持力が強いのだろうな.
それら機能成分が,栄養素や抗酸化作用とか抗がん作用とか言われているものである場合が多いようだから,
体にも良い,とも考えられるのかもしれない.

タイトルとURLをコピーしました