健康診断問題

スポンサーリンク

仕事を辞めての心配事の一つに健康診断が受けられないことがあった。

妻が公務員なので(?)、40歳以降は無料で健康診断を受けられるらしい。
が、まだ5年以上該当しない。
やはり大きな病気は早期発見が最善。
この年になれば身体計測は必要ないけれど、血液検査くらいはやっておきたい。
が、病院で受けると1万円くらいする。自分自身や家族のためとは思いつつも、何となく足が鈍る。
ふと気がついたのだけど、献血って検査してくれないのかな?
エイズの検査目的ではご遠慮くださいって言うのは知っているけれど、一般的な血液検査を目的としてはいけないのかな?
大学に入る前に一度だけ献血したことがあるのだけど、白血球の数が少ないとか、そんなことを言われたような気がするので、血液成分の数値もわかるのじゃないか?
そうではなくても、大きく正常値から離れていたら教えてくれはしないだろうか?
と考え、献血のホームページを見ると、血液検査をしてくれて、検査値を教えてくれると書いてある。
なんだ、できるじゃん❗️
ということで、15年ぶり(なんと前回おこなったことがデータに残っていた❗️)に献血。
全部で1時間くらいかかったけど、400ml献血してきた。
お土産にハンドソープを貰い、普段は飲まないメロンソーダ、いちごオレなどをただ飲み。
エアコン完備で快適。
これで、血液検査はタダでできたよ❗️
あと尿検査だな〜。
タイトルとURLをコピーしました