何を失ったのか

スポンサーリンク

失ったものを整理する作業の中で、なぜ仕事を辞めたのかも少しはっきりとしたかもしれないので書き記す。

家庭と仕事の両立なんかができるような仕事ではなかった(自分の中では、そういう仕事だと考えていた。辞める直前にはそう考えていた)。少なくとも自分の実力では不可能だった。
両立というのは自分の中ではフィフティフィフティであること。
だからどちらかを諦めるべきだと決意した。
これが現在のまとめ。

で、現在、主夫という生活の中で何が不満か考えてみることで、何を失ったのかを見つけようとしてみたところ、
社会的な地位や社会との繋がりではないとあらためて感じた。
そんなものを失ったとは感じていないから。
では自分の時間を失った?
もちろん自分だけの時間は失われているが、実際には子供が寝た後の時間は意外と余っていて、仕事をしていた時よりもずっと持て余している。(仕事をしていたときには、暇な時間があれば仕事のことを考えざるを得なかった)
と書いたが、もう一つあった。
時間に関してだが、子供がいることで芸術鑑賞や乗馬、これまでやっていた趣味が自由でなくなった。
まぁこれに関しては時間が解決するしかないのだろうな。。

では、何を失ったのか。
経済力。
そんな気がする。
やめなきゃよかったなと時々頭をよぎるが、その理由は経済的に苦しくなったからだと考えられる。
苦しいとまではいかなくても、将来が不安ではある。
ただし、前職を続けていても、いつ首を切られるかわからない業界だったので安定していたわけではない。
それも辞めるという舵を切った要因かもしれない。

他にもあるのかもしれないが、これはかなり大きなファクターだと思う。

社会との繋がりは要らないが、余った時間で多少の金を稼ぐ。
これをじっくり考えるべきなのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました