子供の遊び

スポンサーリンク

親子三人で近くの公園へ行った。

同じ年頃の親子何組かが遊んでいて、それぞれ友達のようだった。

主夫になってから、息子を連れて公園に行くと、父親だけで連れている親子を見ることは稀で、
居たとしても、ぽつんと遊んでいる。父親同士でお互いに声をかけたことはない。

これまで、2歳の子供は上手に友達付き合いができるものではないので、という隠れ蓑を着て、父親とも母親ともあまり周りときちんと関わろうとしてこなかった。

妻は息子が1歳まで、親子の溜まり場へ行って遊んでいたこともあり、フランクに入り込んでいける。
そのおかげで、今日は同じ2歳の子3人組に混ざって遊ばせてあげることができた。
とても楽しそうに遊んでいた。
遊び道具の取り合いをはじめて泣いたり泣かせたりもしながら、やっぱり楽しそうに遊んでいた。

他人と関わることは、楽しくないこともあるだろうけれども、
人間として生きていくためにはやっぱり、ある程度の社会性を持たなければならない。
有無を言わさず、自然に(親の努力なしに)社会性を身につけることができるのが、保育園や幼稚園。
保育園を僕自身の都合で辞めさせてしまった(もちろん親子で毎日過ごせることは幸せではあると思うが)代わりに、埋め合わせる必要があるのだろうな。
子供のために、やりたくないことを親がどこまでやるべきなのか、そういうのはよくわからないけれど、
実際は最初のハードルが一番高い。そういうことはこれまでたくさん経験してきた。
一度入ってしまえば、きっとそれなりに楽しいんだと思う。

来週また公園に行って遊ぼう。

タイトルとURLをコピーしました