サッカーノート 2019.12.18

スポンサーリンク

代表戦。vs. 韓国

 

物凄いアウェーの中での韓国戦。最高の舞台だった。

にもかかわらず、メンタルで負けていて、残念過ぎ。

相手の足音がすぐ傍に聞こえ、早くボールを離したい。

パスミスしたり、ターンできるところをワンタッチで後ろに戻したり、とても消極的だった。

はっきり言って、もったいない。せっかく代表に選ばれたのに。

解説の鈴木隆之も言っていたけど、こういう雰囲気になることはわかっていたはずで、そのための心の準備を、戦術的準備をして当然なはず。

なのに、あのビビリっぷり。

『思っていたより相手のプレッシャーが・・・』と言ったかどうか知らないけど、そういうのは準備ができていたとは言えない。考えうる限りのことをするのが準備。

 

とは言ったものの、全然関係ないほうの足を蹴ってきたり、怪我をも恐れないタックルを見せつけられては、ビビってしまっても仕方ないかもしれない。

今回招集されたメンバーは、残念ながらB代表であって、アピールしなければならない一方、代表戦で大怪我をしてらチームでの地位を失うことにもなりかねない。

そんな微妙なメンタルになりかねない状況というのは、スタッフはわかっていなければならなかったんじゃないかなあ。

ああいう状況でも戦える選手を集めて、絶対に戦えるメンバーを出場させるべきだったのではないだろうか?

そもそも、韓国だってミスしまくってたし、技術レベルなんて全然大したことなかったんだし、多少下手でもファイターを集めるべきだったのかもね。

あ、あくまでも、E-1で勝ちを目的とするならね。

目的が勝利ではなかったのならば、まあ、誰も大怪我しなかったし、ああいう国際マッチを経験できたことは良かったね、とまとめることもできるかもしれないね。

タイトルとURLをコピーしました