サッカーノート 2019.11.14

スポンサーリンク

祝!部練習

 

7ヶ月ぶりにサッカー部の練習に行けました。

嫁さんがなんとか都合をつけてくれたのです。

 

いろいろなハードルがあったのですが、全部乗り越えれた気がする。

ハードル1、部員は受け入れてくれるのか?

ハードル2、体は動くのか?

ハードル3、ボール蹴れるのか?

 

メンタル的にはハードル1が一番高く、一日中そわそわしていたし、夕方にはドキドキしていた。

まぁでも、主夫になってから(仕事していたときじゃないのかい!)、こういうのを何度も飛び越えてきた気がしていて、やってみなけりゃわからないし、やってみると意外と高くなかったって身に染み始めている。

えいやっ!と立ち向かってみるしかないのだよ。

 

結果的には、思っていた通り、みんないいやつで、とても友好的に迎え入れてくれた。

 

ハードル2に関しては、毎週参加していた時よりも、ジムに週2回くらいで体を動かしている今の方が状態がいいかもっていう期待もあった。体重も3~4キロくらい落ちているしね。

懸念材料としては、ダッシュとかの全力での運動を全くやれていないことだった。

 

実際には、体重が落ちて、筋肉量が増えたことは、かなりのメリットだった感がある。

少なくとも、体が重くて動きづらいという感覚はなかった。

ダッシュに関しても、下半身の筋トレもやっていたからか、そんなに違和感はなかった。実際にスピードがどう変化していたかはよくわからないが、感覚としては特別足が遅くなったというイメージではなかった。

一方で、思っていたよりも体がぶれる動きがキツかった。ぶれるというか、ターンしたり体を左右に動かしたり、飛んだり跳ねたりっていう動き。

ここら辺はジムでの普通の部位別の筋トレではフォローするのは難しいのかもと思った。

本当はサッカーの動きをやり続ければ勝手に体が作られていくのだと思うけどね。

ジムや家でできるのは体幹トレとかかなあ。

他には、ダッシュの部分も含めて、家の横の坂道ダッシュとか、反復横跳びとかラダーとかかなあ。

 

ただし、スタミナはやばかったな〜。6割くらいになってる感じ。やっぱりルームランナーでは取り戻せないな。まぁ、もっと強度上げてやるしかないかな。

酸素が足りなくなる系だったので、もっと心拍数上がるトレーニングが必要。

 

そして、ハードル3に関しては、ほとんど杞憂w

はっきり言って、そもそものレベルが低すぎて、下がるものがなかったんだな。きっと。

アップの鳥カゴとかの時点では、足につかない感を感じたけど、体が温まってからは普通に蹴れていたし、

4対5とかの練習が多かったのだけど、その中で蹴りミスったり何度もしたけど、よく考えると(いや、考えなくても)こんなもんだったよねって感じ。

むしろ、目がついていかない感じがあったから、意識的に首振ったりして、自分のレベルでだけどそつなくやれたかな。

それよりも、もともと苦手だったけど、ヘディングや競り合いがうんこだった。

怖さがいちばんの原因だから、実戦を繰り返すしかないのだろうけどね。

 

 

次はいつ行けるかわからないけれど、地道なトレーニングが実を結んだのかなと思った。

ので、トレーニングがんばろう。

 

とりあえず、帰宅後、祝杯をあげようと張り切って買い出しして帰ったのだけど、体が疲れすぎて、ほとんど飲めず食えず笑

食えないほど体に堪えたのは、生まれて初めてだったかも。

年取ったな。

 

タイトルとURLをコピーしました