サッカーノート 2019.7.14

スポンサーリンク

Jリーグ多摩川クラシコ

後半始まったところ。

 

東京が、必殺のカウンターを全く出さずにいる。

ボワルを奪った後の川崎の寄せが早くて、正確なカウンターパスが出せない。

見た感じ選手の距離感とかは極端に変わらないのに、なんでだろう?と前半を見ていたのだけど、後半はじめに気がついた。

 

東京は、守る時に、特に守り始めの時に、一度ラインが引く。最終ラインも、当たりに行かずにリトリートして、ボランチの戻りを待つし、

奪われた位置がもっと相手陣地よりだと、ボランチも一度引く。

相手からボールを奪える位置が低くて、はずさなきゃならない相手が多い。相手がネガティブトランジションに入りやすい状態でボールを奪うため。

その繰り返しになっていて、押し込まれているし、カウンターも出せない。

 

これから続きを見るけど、どうなるか。

もし、プレスを続けている川崎の足が止まればカウンターがはまるかもしれない。

川崎がボール回しに終始すればこのままタイムアップかもしれない。

 

 

そうこうしている間に、3-0と試合は決まってしまったのだけど、気になったところ。

ビルドアップ時に、東京はCBからSBに簡単に入れるんだけど(4-4-2)、その瞬間(ボールが転がってる間だね)に、川崎(4-2-3-1)はウイングとボランチなのかな、寄せてくる。

寄せる角度が効いていて、縦と中を切る。まぁ定石と言えばそうなのかもしれない。

ただ、ほぼ完璧にこなしている。

つまり、東京のSBがボールを受けた瞬間には、パスコースはリターンしか無くなっていて、しかも局地的には1−2の状況になっている。

つまり、トラップした瞬間に、2人の相手を受け持つことになり、ドリブルは無謀。ワンタッチで味方ボランチにつけるのが一つの形なんだろうけど、その方向は切られている。結局CBに戻すしかなくて、それを予測している川崎のトップはプレスをかけている。

なので、キーパーまで戻してロングキック。この繰り返しを前半からなんども見ている。拙いよね。

横浜FMの試合を見ると、CBからSBだけでなく、ボランチや4-2-3-1のトップ下に入れたりするので、もう少し展開できている感じがする。

 

チームコンセプトもあるのだろうけど、結局は、CBの技術だったり、前線の選手の動き出しだったりが足りなくて、はめられてる感がつよいかな〜。

 

追記2

解説の水沼さんが言っていたこと。

東京のSBがバイタルに入っていく回数が少なく、室屋がはじめて抜けて行った。オフサイドだったけど。

時間を作れませんでしたからね〜。とのこと。

なるほどね。

サイドバックをあげて攻撃するコンセプトにするなら、ボランチサイドハーフで時間を作れるようなメンバーなり、戦術なりを取らなければならない。

逆にウイングやサイドハーフと前線で攻め切るコンセプトなら、しっかり守れる人選、もしくはためれなくても早い攻撃ができるメンツでやるべきなんだな。

タイトルとURLをコピーしました