サッカーノート 2019.6.21

スポンサーリンク

ウルグアイ戦。

いやー、すごい。いわゆるA代表じゃないのに、本気を出さないといけないウルグアイと互角に渡れたこと。

もちろん、ウルグアイの方がチャンスが多かったし、1つ決められていたらもっとコテンパンだったかもしれないけど、

それはチリ戦の日本にも言えること、サッカーでは良くある話。

 

さて、なんで互角に渡り合えたんだろう?

というか、どうしていつもは攻めるのが下手で、無意味に見えるボール回しに終始する日本があんなにチャンスを作れたり、予想以上に効果的にボールを回せたのだろう?

 

僕なりの考えだけど、一つはドリブル。もう一つはディフェンダーの間やハーフスペースへのパス。

中島が無謀に(本人は希望を持っているだろうけど、見ている方は流石に良い加減にせえよと思うくらいしつこい)ドリブルを仕掛けていた。

もちろんスカウティングされていて、明らかに人数をかけて潰しにきていた。被ファールも結構あり、目に見えてチームを助けていたこともたくさんあった。

その中島もそうだし、特に三好、サイドバックセンターバックの間で上手にパスを受け、そのままターンしてってのが何回もあった。

柴崎のパスも相当なのだろうし、DAZNの解説だった川勝さんも言ってたけど、パサーが出しやすい動きってのが洗練されていた。

 

で、この二つ、どちらもディフェンスを寄せるよね。中島1人のドリブルに対して四人くらいで囲んでるときもあった。

中間で受けられたら、両サイドの選手が、もしかしたら3人目のボランチなんかもチェックに行かざるを得ない。

ほら、そうすると、当然他の味方がフリーになるよね。

まあ、フリーになっても中島はパス出さないから、効率悪いんだけどさ、でも、2点目のシーン、

パスは無いって感じで守備してよね、ウルグアイの左サイドの選手。

普通にオーバーラップしてきた杉岡に余裕でパスが通ったのはまさに伏線の賜物な気がしてならない。

さらに、この二つのプレーの良いところさらにあって、敵が密集するってことは、

ボールを奪った相手チームの選手は距離が近すぎるんだよね。

カウンターを発動しても、前線との距離があって、押上げに時間がかかる。

まあ、スアレスカバーニだから、2人でも点取れるんだろうけど。今回は川島様とゴールバー様がたくさん助けてくださった。

そう、つまり最近の日本代表って(トゥーロンもそうだった)、うまくハーフスペースで受けられる選手だったり、ドリブルで勝負できる選手がいて、少しかもしれないけど相手を下げさせてるんだと思う。

だから、意外と日本が攻めてる時間があったり、なんとなく互角にやっているように見えるんじゃ無いかな。

中途半端に終わったように見えるカウンターでさえ、相手を下げさせるには十分な効果、伏線を孕んでいるというか。

 

逆説的に、もっと強くなるには、個人の能力ってことだよね。

ドリブル君の後始末がこなせるスーパーなサイドバックとか(長友さんとかね)、ハーフスペースに針の穴を通すパスを動きの中で出せるスペシャルなボランチ(今回の柴崎は光明)、カウンターされた時に1人でも防波堤になれる屈強で気の利いたボランチ

そんな個人能力が加われば、W杯ベスト8いけんじゃね?って思った。

 

まぁ、次にやるエクアドル楽しみだね。

 

タイトルとURLをコピーしました