サッカーノート 2018.11.28

スポンサーリンク

部練習

 

久しぶりのエントリー。怪我もしていたが、練習もしていた。

 

●2対2

前にも書いたと思われる練習。ディフェンスは遅れて一人参加。

なので、オフェンスは速攻で決めきるのがベスト。

今日は、攻めきれず詰まってしまった状態でのフリーな方のオフェンスの動きのアドバイスをもらった。

完全に2対2になってしまい、オフェンスの優位性がなくなったのだが、なんとか打開するという場面。

ボールホルダーがドリブルでフリーなオフェンスの僕に近づいてきた。が、僕は逃げる動きをしてしまい、サイドを狭くしているコートの端っこに追いやられ、仕方なく逆サイドに回る動きをするが、僕についていたディフェンスまでボールホルダーにチェイスし、2対1でボールを奪われる。

 

そう、これは一種のサインプレー。

ボールホルダーがドリブルで1対1ではなくて、もう一人のディフェンスの方へ突っ込んでくる。

これは、もう一人をよりフリーにしてパスを出すための動き。

なので、もっと早くにクロス(もしくはオーバー)してフリーで受けられる動きをしなくてはならない。

ということを教えてもらった。

なるほどね。詰まった時のクロスってかんじだね。

特に、このときの相方が、ドリブルが得意なプレーヤーで、なんなら単独突破もできるという意識がディフェンスにあるので、より効果的な攻撃になる。

実際に、もう一度同じような場面が来て、うまくできた。

ドリブルで寄ってくると同時にクロスした。これくらいのタイミングでも余裕でディフェンスは引っかかる。

そりゃそうだ。普通はボールを見るし、ボールホルダーの動きを見る。

マンマークであっても、突っ込んでこられたら、マーカーよりもボールホルダーを見てしまうのが人間。

とても参考になった。

 

●4対5のミニゲーム。ミニゴール2個ずつ。

4人チームが得点したら倍というルールでポイント制のミニゲーム

先週もやったのだけど、今週はあまりうまくできなかった(罰ゲームをやる羽目になった・・・)。

色々要素はあるけれど、自分があまりゲームで活躍できなかった感はある。

基本的に、5人チームがポゼッションし、4人チームがカウンターの機会を狙う構図になる。

いずれのチームになってもディフェンスをやるのだけれど、かなり失点した。

1つは我慢がならんかった。

言ってみれば、ゴール前にキーパーのように張り付いていれば、失点はかなり防げる。

それでも、相手がフリーになるとそこに出て行ってしまい、うまく交わされたり、パスでいなされたりして失点した。

出る、出ない、いつも難しい。

難しくしている1つの要因は、出る時のスピードが足りない。つまり遅れている。

遅れてついているので、相手がフリーでボールをうけることが多い。

判断のスピードもそうだし、自分のイメージよりも体の動きが遅い。

これは、体のキレを上げるしかないなぁ。

タイトルとURLをコピーしました