サッカーノート 2018.8.15

スポンサーリンク

部練習

 

まだ夜でも暑い。

 

アップでロングボールを蹴っていたのだけれど、以前より飛距離が出るようになった気がする。

全力で蹴っているわけではないので本当に飛距離が伸びたのかわからないのだけど、以前よりも早いボールを蹴れるようになった気がする。

でもコントロールは全然。右に行ったり左に行ったり。実際のところ、どっちが正解に近いのだろう。

左に行くときは、力んだり、ボールが軸足よりもだいぶ前にあってボールの上っ面を、ゴルフでいうヘッドアップした感じで蹴っている気がする。

一方右の時は、インステップが抜けちゃう感じ。

ボールの下に足を横向きにして蹴るとしたら、実は左に行くのを少しずつ調整していけば良い気がするし、

ロングボールでもインステップ気味で蹴るようにするのであれば右に行くのを、なんとか調整した方が良い気がする。なんとかってのが曖昧すぎてダメだけど。

 

力を抜いてミドルパスっていうのは結構上手くなっていて、精度もそこそこになっていている。インステップ気味で軽くグラウンダーにも蹴れるし、インフロントというか甲内側の高い部分で無回転気味でも蹴れる。

 

ま、とにかく週一でもたくさん蹴ることだな。

 

 

ミニゲーム

サイドを広めにとってのゲーム。

後半から一方的に相手チームに押される。やっている途中で、明らかにこちらがボールを回せなくなっていて、感覚として相手の方が人数多いんじゃないかと感じた。

もちろん、同数なので、勘違いというか、感覚的なことなのだけれど、意外と的外れではないのかもと思った。

というのは、明らかにこちらの方が運動量が少なくて、ボールの預けどころがなく、サイド広めのコートなのに、サイドを使えてなかったり。

そこで、とにかく走ってみた。

ひとりで連続で追いかける。すると、相手もミスするようになるし、こちらもボールを受けるときにフリーでいることが多くなる。

 

本当にサッカーは面白い。戦術的にも戦力的にも変わっていないのに、運動量が増えることで劇的に展開が変わる。しかも下手くその僕によって。これがうまいプレーヤーだったら、もっと大きく変えられるんだろうな。

タイトルとURLをコピーしました