サッカーノート 2018.8.3

スポンサーリンク

リーグ戦プレビュー

 

プレビューってのはおナニーっぽいけれど、予想した中で自分が何ができるのか、何を注意すべきなのかってのが明瞭になる。相手ありきなので、相手の分析ができるレベルではない社会人リーグでは中途半端でもあるのだが、そこそこ重要だと思う。

 

さて、今期リーグ戦、残すところ2戦。昇格戦争いに希望を残すもののリーグ内では格上の2チーム。逆にいえば、倒せば確率が上がる。

 

と言うモチベーションたっぷりの中だが、残念ながらベストメンバーとは言い難い。

が、そこは社会人チーム。やりくりしていくしかない。

 

フォーメーションはいじらなくても良さそうなメンツ。4ー2ー3ー1。

ベストメンバーではないが、あまりリーグ戦には出ていない1人で打開できるレベルのメンバーが参加予定。

基本的には彼頼りの戦術になるのだろう。

特徴はアウトサイドで、ドリブル突破でゴールや決定機を作る役割ができる。ここのところ練習にも参加できているのでコンディションも問題ないと思われる。

 

そこを生かすために、チームとしてどうすれば良いか。

彼のポジションは、メンバーの参加具合から、前半は右サイドハーフかもしれない、少なくとも後半は主戦場の左サイドハーフ

メンバーが集まっていないと弁明(?)する理由の1つは、サイドバックに入るであろう選手がかなり久しぶりであることが挙げられる。

まぁ現実問題として、ここのところサイドバックが入れ替わり立ち替わりでもあり、サイドハーフが得意な選手がコンバートされていたりという感じだったので、

むしろ久しぶりではあるが、ある程度サイドバックができる選手が入るというのはチームにとってはアドバンテージかもしれない。

あとは、周りとの連携か。中心となるサイドバックの選手と、例のポイントの選手との連携。

できるだけフリーでボールを渡せるようにディフェンスラインでのボールの回し方が、僕のできる重要なプレーか。

あ、もう1つ重要なメンバー構成。ワントップに入りそうな選手が、いつもとは違う。

いつもは僕よりも経験が浅い(が、身体能力はかなりすごい)選手がトップに入るのだけれど、今回は違う選手が入るとみられる。

彼は経験値もあり、決定機を決める確率は上がる気がする。

部練習では、僕がボールを持っているときに呼び込む動作をしてくれるし、公式戦でも期待したい。

 

話は逸れたが、僕が何をすべきか。

まあ、言って見ればアイソレーションだね。こっちのエースが打開してくれて、トップが決めてくれるとすれば、あとはそこにどう持って行くか、それを考えるべきで。

酷暑の中、できるだけ有利な状況でエースにボールを渡すには、逆サイドで作ってサイドチェンジが有効。うちのボランチならできるだろう。

ということは、バックスでどう回すか・・・。

 

あ、格上相手でポゼッションができるのかな・・・。

まぁ、暑いので持たされる時間もあるだろう。そのときには相手も引いてるだろうな。

それでもアイソレーション状態を作るのなら、よっぽど逆サイドで作らなきゃな。

ディフェンスラインではゆっくり目でボールを回して、相手をできるだけ引き出す。

センターバックサイドバックで回していて食いついたところでできるだけフリーの状態でボランチに入れて、そこからサイドチェンジ・・・。結構大変だな。

サイドバックだけではなく、ハーフまで下がって来て作る必要がありそうだな。

 

もしかしたらほとんど守備に追われ雨かもしれない。カウンターを狙うとしたら・・・。

クリアボールをしっかりと繋げることだな。ヘディングのクリアでも足でのクリアでも、できるだけ先を見ておいて、できるだけ前の方へ返すこと。

苦手な部分ではあるが、頑張ってやるしかないな。

今回のメンツではボランチに上背がないので、できうれば僕がゴールキックとかハイボールに競るようにしたいな。

 

個人的には、エースが同サイドであれば、フリーであればサイドバックを飛ばしてパスを入れたいし、詰まっていれば、逆サイドハーフまで飛ばすパスをつけたい。

逆サイドであれば、直接のロングボールをつけれたらいいな。

 

あ、プレーの優先順位をつけておこう。

まずは守備。これは鉄則。

相手がどうやって攻めてくるのかよくわからないので決めつけれないけれど、

裏へのボールには、予測をしておいて先に動く。体の向きはある程度フラット。

 

ポストプレーを使うのであれば、奪いに行くのか距離を取るのかの判断。こっちは仲間の動きも把握する必要がある。仲間が余っていればチャレンジ、同数ならば時間を使うように相手がターンをしてきたらそこを狙う。

 

クロスを上げられる場面では、できる限り状況判断しておいて、相手から見てマイナスの選手にもチェックを入れておく。一歩が出るか。

 

一歩が出るかどうかは一対一でも重要。マークについたらできるだけ寄せてじゆうをうばう。抜かれることにビビって間を開けると自由にプレーさせることになる。

 

そして、ハイボール

 

最後に攻撃のアクセント。

タイトルとURLをコピーしました