サッカーノート 2018.7.8

スポンサーリンク

リーグ戦レビューということになりますね。

 

勝手に考えていたフォーメーションは、半分正解だった。

ツートップにしたが、流石にダイヤではなく、ボックスの、4-4-2。

なので、ごちゃごちゃ想定していたワンボランチという状況は起こらなかった。

 

それよりも今回の問題は、グラウンドだった。

もともと雨に弱めのグラウンドだったのだけど、表層がズルズルで、踏み込むとすべる。

 

特に前半のエンドはひどくて、ディフェンスラインでボールを回すなんて、到底無理だった。

まあ、やり方はあったんだろうけど、技術的に厳しかった。

全部のパスが足元はピタッとつくのであれば良いのだけど、少しずれたボールにサイドステップを踏みながらで滑り、しかもトラップが跳ねたりすると、それを追いかけなくてはならなくなって、そこでも滑る。

ボランチも、パスをもらってからターンが出来なくてかなり厳しそうだった。

 

そんな中、相手は結構シンプルにやっていて、中盤が足元でもらい前を向いて、サイドの裏のスペースや、ハーフスペースへ斜めの裏へのパスを出していた。

滑るのだけど、まっすぐに進むのは問題ないので、裏へのパスに走り込むのは比較的できる。むしろ、ディフェンスとしては、ターンしてから走り出さなきゃならないので、かなり置いていかれていた。

それでも相手のパスの精度は高くなく、こちらが先に追いつくことが多かったのだけど、マイボールになっているのに、ボールを止めてターンができない。滑るから。

なので、後ろ向きにプレーが始まると、方向転換がかなり厳しい。

キーパーにバックパスを出せばいいのだけど、キーパーもしたが滑るのを恐れて、パスを欲しがらない。かなり悪循環だった。

 

それでも前半のうちに1点取れたことで、精神的にはギリギリ保てたままコートチェンジ。

後半のエンドは前半と比べればかなり良く、ディフェンスラインでも回せたし、ルーズボールへもチャレンジできた。

中盤の構成をフラットにして、相手がボランチに入れたところから厳しくチェックに行くようにしたことで、守備が整い簡単に潰せるようになったし、裏へのパスも簡単に出せなくなった。

 

グラウンドのこともあり、あまり効率的に課題にチャレンジできなかったが、とりあえず勝利。

 

残った課題としては、裏へのパスへの対応。

体の向きと逆にパスを出されたシーンが数回あって、遅れをとった。

相手のキックが癖があり、アウトにかかったりチップキックだったりで、予想しづらかったことが1つの要因ではあるけど、うまくいかないことがあった。

 

どちらにも行けるような体の向きを作っておくことだな。きっと。

細かくステップをしておいて、左右どちらにもターンできるように。

タイトルとURLをコピーしました