サッカーノート 2018.6.12

スポンサーリンク

昨日の代表選。

先発では岡崎以外はコンディションが良さそう。

遠藤は攻撃の時に、判断が遅い感じ。慣れてない感じ。

岡崎はコンディションはわからないけど、守備の仕方が抜群にうまい。香川も含めて、久しぶりに良い追い方を見れた。まあ、相手のやる気がなかったのもあるだろうけど。

 

しきりに、本番初戦のコロンビアの監督が、日本のメンバーがわからないから困るだろう的な解説があったが、日本はそういうレベルじゃないような気もする。誰が出ても、相手にならない気がする。が、僕のこんな意見を覆してほしい。

 

乾の1点目。昌子がドリブルで持ち上がり、香川に付けて、乾に落としてという流れだった。香川の体の向きと、パスのタイミングが良かったよね。

センターバックがあんなプレーできたらチームは助かるだろうな。

少なくとも、攻撃時の人数不足迫力不足を補える。しかも、ハーフスペースでのことだったので、ゴールまで直結。

 

自分には何が足りない?

あまりやったことがない。経験。

スペースがあれば相手からボールを取られないくらいには技術が身についた気はしている。やってみよう。

何に注意すればいい?

ドリブルを取られるのは問題外。取られそうなら、すぐに後ろに戻す。逆に言えば、相方が持ち上がる時には、パスがもらえる位置にフォローしなきゃということだな。

次にはこちらの低い位置でパスをカットされること。高いところまで行ってしまっていれば、そんなに問題はない。

せっかく後ろから全体を見れるのだから、広いパスコースを確保したいな。

ドリブルのスピードを上げすぎる必要はない。むしろ相手を引き出せれば合格のつもりでやるべきか。

 

判断すべきことは?

そもそもポジションか。自分が上がることで、明らかにディフェンスラインの数的不利を作るのなら、やらない方が良い。例えば、2センターバックで、相手がワントップで、自分と距離がある、相手ウイングもあまり高い位置にいない、というシチュエーションなら、チャンスかな。

タイトルとURLをコピーしました