サッカーノート 2018.5.13

スポンサーリンク

県リーグ初戦。

アップ中から雨が降り始め、ドロドロの泥の中、試合が行われた。

結果は2-1で勝利。去年までの感じだと、もっと得失点を稼ぎたいという感じだったはずだけど、天候には勝てない。

むしろ、前半の後半にコーナーから先に失点したしたことを考えると、逆転勝利は良い結果か。

 

4−3−3というか、4ー1ー4ー1か。センターバックでフル出場。

このグラウンドは少し狭いこともあり、ボランチを1枚にしたらしい。

うまくはまったという感じではなかったが、相手の攻撃力が大したことなかったこともあり、ディフェンスとしては1ボラで問題なしだった。

一方、ボランチをした選手はこのチームでは攻守の要であるため、攻撃の時に全体のパワーが足りなかった感じがした。

 

●安全なプレー

僕の技術が低いことから、ボールを長く持ったりすると、簡単に!と言われることが多い。

センターバックでボールを回したり、サイドバックボランチにつけたりっていうプレーは大体こなせるようになってきた。

先に見ておくことで体の向きやトラップの向きを調整すること。インサイドでのパスがきちんと蹴れるようになってきたこと。この2つでこなせるようになってきた。

一方で、試合中に簡単にクリアしてしまったり、こぼれてきたボールを前に蹴り出したりすると、もったいない!と言われることもある。

これは先のエントリーでも挙げていた課題の1つ。マイボールをつなげることができるかどうか。

もちろん、ダイレクトで良いところにパスを出せれば良いのだけど、味方の準備ができていない時もある。そんなときに一度ボールを止めて、時間を作って相手をいなしてパスを前につけることができると、チャンスが広がる。

今日の試合では、持ちすぎて怒られることが多かったのだけど、結果としてはなんとか切り抜けることができたし、チャレンジできたと思う。

足元が悪すぎて、相手も飛び込んでこれない状況であったため助かった場面もあったが、アウトで切り返したてかわしたり(シャビターン??)もできた。

 

 

●飛び込まない

もう2ヶ月くらい前の公式戦だけど、入れ替わられて抜かれるシーンが何回かあった。センターバックの仕事を考えると、抜かれることは最もやってはいけないこと。後ろにはキーパーしかいない可能性が高いから。

今日は、足元も悪かったこともあり、無理に飛び込まないように気をつけることができた。

逆にルーズボールを取りに行くかどうかというシーンも数回あったのだけど、重心後ろ目で無難にこなせたかな。

 

 

●裏抜けに対しての反転

一本、裏抜けの対応に遅れた。キーパーと一対一まで持ってかれたが、キーパーに助けられた。

相手は初めから裏を狙って斜めのパスを放り込んできていたのだけど、およそオフサイドにかかっていた。

オフサイドにならない場面では、こちらが先にボールを処理できていたことが多かったのだけど、失敗のシーンでは、ターンの際に躊躇してしまっていた。

というか、ボールウォッチャーになってしまい、走り出しが遅れてしまっていた。

集中力か。

 

●ヘディングクリア

サイドバックサイドハーフが身長が低く、初めのうち相手ゴールキックが結構飛んでいたこともあり、空中戦で負けていたのだけど、そこにうまくカバーに行ききれなかった。

そのほかはまずまずのプレー。すごく良いタイミングでクリアできたシーンもあった。

庭でたまにだけどヘディング練習をしていることが良いのかもしれない。少なくとも恐怖感がなくなった。

 

●パス回し

相方センターバックへのパス54%、近い側のサイドバックへのパス35%、ボランチへのパス5%、逆サイドバックへのパス5%、近い側のサイドハーフへのパス1%という感じ。

もう少しボランチに当てられると良いのかな。逆サイドハーフまで飛ばせるとより良いのかな。

ボランチと違って相手のプレッシャーが少ないので、試合中でもきっちりとキックできることが多い。もう少し精度が上がれば、役に立てる気がする。

タイトルとURLをコピーしました