サッカーノート 2018.3.10

スポンサーリンク

YouTube で、新しい動画を発見した。

Y JR Suzukiって人の動画で、フットサルのスクールコーチか何かか?詳しくは観てないからわからないんだけど、これまで観てきた動画や解説とは違い、面白い。

 

いわゆる王道とは異なる邪道なのかもしれないけれど、例えばインサイドキックの軸足はボールの真横ではなくて手前の横に置く。コンセプトとしては、前に歩くために足を出し、体重移動を使ってボールを蹴る。蹴るというか体重を乗せる感じか?

移動しながら体重を乗せるということで、蹴る時に軸足の前ままに体重を乗せるのではなくて、軸足はお尻の下から出さないように着き、上体も前かがみにならないように蹴る。

 

実際にやってみると、蹴った後の蹴り足がボールのあった位置を追い越すようになるのがポイントか。元々僕の癖として軸足の位置が手前気味だったのでほとんど違和感はない。蹴った後の蹴り足が前に出るようにすることを意識すると気持ちよく蹴れる。

軸足に体重を乗せてしまうと蹴り足を前に着地できず、つまり体重が軸足に残ってしまうので、両足で交互にステップを踏むようにして準備をしておくとスムーズ。

 

タイトルとURLをコピーしました