サッカーノート 2018.3.2

スポンサーリンク

おとといの練習で、ターンからのパスの精度が著しく低いことがわかったのだけど、一つわかったことがある。

 

軸足。

軸足が蹴りたい方を向いていない。特に、トラップしたボールを目標に対して横向きに追って行って右足でインサイドパスをする時に、軸足が右の方を向いている。

走る方向から90度転換してパスを出さなきゃいけない状況なので、ありうる、という感じ。

体が流れていることも同じ原因なのかもしれない。軸足の置き方すら移動方向に流れてしまっている。

きっちり軸足を蹴りたい方向へ向けるようにキュッと踏み込む必要がある。

というか、軸足を置く時点で助走方向から90回転した方向に向けないといけないんだな。意識したことなかったし、やってみると結構窮屈。というか、怖い。

言ってみれば、急な90度方向転換。しかも内側の足で方向を変えるのでずるっとなりそうな気もするし、足にかかる重力も相当なもの。

もしかしたら重心移動の本に何か書いてあるかもな。

 

実際には、キックはそんなにきちっと型にはめ込む必要はないっぽいし、慣れなんだろうな。

ただ、経験値が絶対的に低い僕は、少しでも確率が高まる方法を選択してやってみる必要がある。

 

タイトルとURLをコピーしました