サッカーノート 2018.3.1

スポンサーリンク

先日の試合で、3、4本相手と入れ替わられて抜け出されてしまった。

そもそもどういう場面だったかというと、サイドに釣り出されてマンマークの形。

場所的には、無理してボールを奪う必要のない場面。それがいちばんの反省点。

そして、入れ替わられた2つのパターン。

1つ目は、相手にボールが入る瞬間を狙って足を出したが、かわされそのまま抜けられた。

2つ目は、同じように狙って足を出したが相手にキープされ、それでも足を出してしまいターンされた。

 

1つ目は、とにかく判断力の問題。取りに行く場面ではない。自分がセンターバックであることを忘れてはいけない。抜かれるような守備をしていい場面はない。

 

2つ目は、技術的なことも問題。最近、ボールキープの練習をしていたので、少し試して見たいという気持ちもあったので、心の問題でもあるが、シーンを細かく振り返ると、相手がボールをキープした状態で、ほぼ体をくっつけている。

この、体を密着しているところが、技術不足。

なにせ、ボールが見えない。フットサルの本に書いてあるようだが、「相手の肩越しからボールをみるような体勢はNG」。

そう、まず重心が浮いてしまう。相手がターンをしようとしかけた時に体が浮いてしまう。実際に浮いてしまい、尻もちをついた。

抜かれない>ターンをさせない>キープさせない>リターンさせない

この順序で考えると、体を密着させるマークはシュートゾーンでなければほとんど意味ない。

手が届くくらいの距離感で、もしターンしようとアクションしてきたら、その瞬間にボールを付けば良い。ターンアクションでボールが足元から離れるようなら、体を入れてマイボールにすれば良い。

仮にターンさせてしまっても、そこから1on1でぶっちぎられなければ良い。少なくとも、自分で体勢を悪くしなければ、仮に抜かれても追いかけれる。

でも、相手にくっついていることで体勢を崩し、反応できない状況を作ってしまうと追いかけることもできない。

 

手が届くくらいの距離で、相手の股の下からボールを覗くように自分の重心を落とす。

これがフットサルの本に書いてあった。

タイトルとURLをコピーしました