サッカーノート 2018.2.28

スポンサーリンク

部練習

 

●対面パス

マーカーを1.5mくらいの間隔で置いて、その間を通す。

トラップからのパスだと、大体通る。他のメンバーから明らかに劣るようには見えない。

真ん中でターンしてパスだと、成功率ほぼ0。。

すごく集中して、慎重に、パスをしても枠を外れる。特に中心線から右にトラップしたとき、パスが右にずれる。

たぶん、重心が右にずれたまま蹴ってるんだと思う。

右にステップしながらだから力学的には仕方ないんだけど、考えうる対処法は二つ。

流れる分左側を狙っておく。蹴る瞬間流れを止める。

一つ目はなんとなくわかりやすい。ただ、経験値が必要。自分なりの感覚が掴めるようになるまで反復練習。

二つ目は、理論的に可能なんだろうか?右利きなので左足で踏み込むときに左斜め気味に踏み込み右へ流れる慣性を消す。そして蹴る。

できるのかわからないけど、これだと、蹴る方向はいつも狙った方向。なんとなく理想的。

まぁ、この中間くらいなのかな。

 

●パス交換から抜け出しに合わせてパスで移動

僕は初めての練習。

8mくらいの四角が二つ並んでて、3対3でボール回し。ただし、同じチームにはパスできない。なるべくワンタッチ。

とっかかりがなかったのは、どのタイミングでサイドチェンジするのか全然わからなかったこと。

要するに、6人でボールを回していて、良いタイミングで抜け出した味方にパスをするというゲーム。

ただし、同じチームの人にはパスができないから、タイミングが限られる。

が、何をきっかけで抜け出すのか、パスを出すのか、それが全然わからなかった。

せめてどちらが主導かくらい共有できたら良い気がしたけど、なんとなく先走って抜け出している場面もあれば、パスが主導になりすぎて抜け出しが遅くなったり。

どいういう感じでやれば良いのかわからないまま終わってしまった。

タイミングや、みんなの意図がわからないので、誰にパスするのが正解なのかもわからなかったし、迷ったままのプレーで、しかもダイレクトパスなので、精度も悪く、明らかに足を引っ張ってしまった。

 

●ロングパス

やはりうまくいかないロングパス。動画などをみると、足首を伸ばして横から入れるのが大半。足首を立てて蹴ろうと思っていたが、あまり飛ばないことがわかり、困っていた。

とにかく足首を伸ばして横から入れて蹴ろうとやっていたが、とんでもないミスキックを連続していたところ、年長のメンバーからアドバイスをもらった。

そもそも僕の場合、ミスキックの大半は上がらずフック。特に力むとなる。

そのキックを横で見ていたメンバーがいうには、足が外から内に入ってるから左に行くんだよ、と。なるほど、確かに、足の軌道は気になっていることの一つだった。がに股だからか、特に膝が外を向いたままバックスイングして蹴ってしまってるな〜と思ったことがあった。

そのアドバイスを聞き、膝ががに股にならないように、そして足が外回りをしないようにお尻にまっすぐつけるようにバックスイングをして、インステップ的な軌道、つまり横に滑らすというよりは、まっすぐに蹴る感じ。それでやってみたところ、飛んだよ。

距離はまずまずってところだけど、まっすぐに良い回転で高いボールが出た。

たぶん、当てる場所や足をかぶせたりすれば低いボールも蹴れると思う。

次回も蹴れるといいけどな。とにかくすごい進歩。

タイトルとURLをコピーしました