サッカーノート 2018.2.19

スポンサーリンク

リフティング、初めて100回超えた。

去年はYouTubeのカンチャンネルを見て、回転をかけないように蹴る練習をしてたのだけど、結局リフティングの回数は増えなかった。

 

そんな時にTakuyaTubeなるものを見つけた。これもYouTube

上手い人と下手な人の大きな違いは、安定して毎回蹴れているか。同じ位置で蹴れているか。

そんなコメントがあった。

たしかに、僕の場合、何回か続いていても、いきなりとんでもない方向にボールが飛んで行ったり、当たり損ねというかダフったようになってボールが上がらず次のキックができなくなったり、と、不安定なキックをしているだけだった。

それと、TakuyaTubeでもっとも印象的だった言葉は、とにかく昨日より一回でも多く続けられるように頑張る、的なことだった。

 

とにかく、自分が蹴りやすい蹴り方すら良くわからない状態だったので、たくさん蹴ることから始めた。考えながら。

足のどこらへんに当たった時にはどういう感触で、どういう回転がかかってしまうかとか。蹴ってる時に軸足は柔らかくできているかとか。

とにかくたくさん蹴って、自分の中を整理してみた。

 

すると、気持ち良く連続で蹴れる時がたまにあって、その時は親指と人差し指の骨の分かれ目くらいでボールをタッチしている時で、蹴ろうとしている力のイメージとボールのリアクションがまあまあ一致していた。

ほぼ毎日、50回超えるまでは蹴り続けていたら、昨日初めて100回超えた。

 

まだ、無回転で上がる時とバックスピンの時とがあって、しかもあまり蹴りわけれていない。

一方でまだまだ蹴り続ければもっと上手くなる感触がある。

たぶんリフティングで自分が蹴りたいようにボールを蹴れるようになれば、キックの正確性が上がると思う。現段階では、蹴りたいボールのイメージと現実が全然あってなくて、大抵ミートできていない。

これって!リフティングでちゃんとボールを見て、足首固定して、ってのと同じこと。

 

また少しサッカーが楽しくなった。

タイトルとURLをコピーしました