サッカーノート 2017.11.30

スポンサーリンク

当たり負けしない体。

中田英寿

YouTubeで動画を見ていて思ったこと。

 

体の当て方は、やはりお尻から腰あたりを相手のお尻もしくは足の付け根あたりに当てる。

当てながらボールに足を当てればファールにはならない。かな。

 

それと、ロングパスの動画で印象的だったのが、ボールの下をカットするようにして蹴る時に、もちろん足は斜めに出てくるのだけど、上半身は垂直のまま。

軸足も斜めなんだけど、体幹はまっすぐに伸びている。

もしかしたらこれはすごく大事なのかもしれない。

斜めに足を入れようとした時に、つい体も倒して蹴ってしまっていた。これだと、蹴るモーションの最中で頭がボールから離れていってしまい、目測がずれるうえ、遠くになるために体や足が伸びきってしまう。

だから毎回同じように蹴れないのかも。特にフックしてしまうのはこれが原因な気がする。

 

中田のような蹴り方をするには、お尻の周りの筋肉が必要だと思われる。あと股関節の外旋部。腹筋。

タイトルとURLをコピーしました