サッカーノート 2017.11.27

スポンサーリンク

昨日の試合、個人的にはこのディフェンス力を上げるのが課題。

体をもっと自由に動かせるように、骨盤、股関節系のトレーニング。

アジリティを上げるためにラダーやるかな。

 

それとは別に、チームとしての課題がいくつもある。

今シーズン何試合か参加して気がついたことなど含めて。

 

●攻撃パターンが無い

相手のレベルが同じくらいならば、ボールを回せるのだけど、シュートから逆算して3本くらい前のパスがすでに繋がらない。

よく見るボールの失い方は、サイドバックもしくはボランチからサイドハーフはのパス精度もしくはタイミング、受け手の動きが悪くて奪われる。

スペースに出して取られることが多いのだが、受け手のタイミングでパスを出せれば、もう少し繋がる気がする。相手の守備が薄いサイドから攻めるのは悪くないと思う。スーパーなポストプレーヤーがいるわけでは無く、すごいドリブルをする中盤のプレーヤーもいない。

だからサイド攻撃で良いのだと考えが変わった今年度。

ただ、クラスを上げる前の段階、もしくはカットインするより前の段階でボールを失いすぎている気がする。

Jリーグを見ていても、サイドのスペースとかにボールを出す時には、少なくとも先に味方が触れるようなパスをだしている。

作るところの練習が必要だと思う。

 

昨日の試合では、サイドバックボランチがボールを回したり、サイドを変えながら作れたりしていたし、後ろの回しはまあまあ良かったと思う。

 

●セットプレー

特に失点が多い。素人の僕なんかが、いちばんデカイ相手に付かなきゃならない状況が問題でもあるけど、昨日の2失点目も、特に不利では無い状況のボールで競り負けて入れられた。

特に僕の場合は経験が欲しい。どうやったら負けないのか訳わからないまま結構やられている。昨日も前半のコーナーで思いっきり競り負けた。シュートが外れたから助かっただけで、体を当ててるって言っても微々たるもんだった。

中学校グラウンドは狭いため、コーナーの練習はできないけど、昨日のフリーキックくらいの練習はできる。

攻撃の練習は、有機的な部分が多いから成果が出づらいけど、守備の練習はセオリーだったり慣れだったりがあるから、意外と効果があるんじゃないかなあ。

 

●簡単なシーンのシュート練習

とにかく、1対1外しすぎ。練習するしかないよね。

昨日の試合前練習で、軽くディフェンスつけてやった1対1のシュートは悪くないと思う。

ペナ外から斜め前に出されたボールを受けて、ゴールを目指す。はじめはディフェンスはつくだけ。途中からまじディフェンスにする。

それと、クロスからのシュート練習、もう少し意味あるものにしたい。だって、シュートの練習になるようなクロスが上がらないんだもん。上がっても、ダイレクトで決められるスキルがないし。 それなら、クロスとシュートは別にして練習した方がいい。

カッコつけてないで、レベルの低い、自分たちに見合った練習を地道にやるべきじゃないかと。

 せめて、落としてシュートとか、ほとんどないシチュエーションはやめたら良いのにな。ロングシュートの練習なら良いけど、それにしては近いし。

アップでやるなら良いけどね。シュート練習であるなら、練習になることをやるべきだと思う。

 

 

タイトルとURLをコピーしました