サッカーノート 2017.11.26

スポンサーリンク

市リーグ

 

雨天中止や子供の発熱などで、久しぶりにボール蹴った。

しかし、ぜ

結果としては、後半からキーパーだったので体力がなくなることはなかったけど、集中力が欠けたりしていたかなあ。

 

試合結果は1ー2。

1失点目は、アーリークロスで裏を狙われ、僕の寄せが甘かったかシュートを打たれゴール。

急増キーパーだったこともあり、シュートを打たせてはいけなかったのだな。

ゴールを決めた相手は、相手チームの前線のキーマン的な感じで、何度も裏を狙う動き、セットプレーでチャンスを作っていた。

今回の僕の反省点としては、体を当てたり、間合いを詰めたりするだけの守備ではダメだということ。取り切る。クリアする守備を目指さないとダメだなと感じた。

実は今日は前半は左サイドバックで出場だったのだけど、残念ながら攻撃は無理なため、守備ではなんとか頑張らないとなと思ってやっていた。

こちら右サイドから攻められるときに、こちらの2センターバックがずれていくため、相手キーマンのマーカーになっていることが多かった。

しょっぱなに裏へのボールの対応でショルダーチャージで吹っ飛ばされた。

以前の県リーグで、他のチームだけど、ガタイの良いフォワード相手にショルダーチャージで競って、ファールギリギリだったことがあり、特にゴールに近かったので、こちらから当たることはできないなと思い、チャージをわかっていながらこちらからは仕掛けずにいたら吹っ飛ばされた。

相手の反応を見て相打ちにするとか、それほどスピードがあったわけではないのでやられる前に足を出して奪うとか、できることはあった気がする。

後半はキーパーで出場したのだが、その時にディフェンスリーダーの動きを見ていたが、僕に変わって入ったサイドバックは守備がおろそかで、むしろサイドまで出陣して、相手キーマンにスライディングしたり、体を入れて潰していた。

ここを目指したい!

相手と距離を測って、自由にプレーさせないことはできるようになった。

タイミングを見計らって相手のスピードに負けない動きができるようになった。

だからこそ、次のステップ。

相手からボールを奪う。個の力で奪う。

そうすれば、周りがもっと攻撃に行ける。そうすれば、自分が苦手な攻撃の部分をチームでカバーできる。

 

 

後半はキーパー。

失点はフリーキックからヘディング。自分がでて処理できた気もしている。あまり攻められなかったために、集中力を欠いてしまった感はある。

 見せ場も他になかったので残念。

 

 

からだのつかいかただな。

せっかく4スタンスの本を持っているのだから、ともう一度読んでやってみようかな。

 

タイトルとURLをコピーしました