サッカーノート 2017.10.26

スポンサーリンク

昨日は雨で練習中止。きっと週末のリーグ戦も雨だな。。

 

録画したJリーグFC東京コンサドーレ札幌

 

永井って、なんでこのチームに行ったんだろうな。カウンターばっかのチームに行けばいいのに。

押し込んで、サイドで足元にボールもらっても、並以下のプレーヤーだよね。。

 

札幌の3ー5ー2?いいな〜。

守備の時は5ー4ー1、もしくは5ー3ー2。トップのどっちかがボールサイドに詰める。

チームによるのかもしれないけど(もちろん相手にも)、5枚を敷いているけど、相手FWが下りて行ったり、相手中盤の選手が浮いていたら、真ん中の3CBが縦についていく。引き出されても4バック。

5バックのサイドは攻撃の時にはウイング。すごい運動量。

相手SBが持った時とか、サイドチェンジされたら中盤の4枚or3枚が頑張って詰める。このサイドの選手は攻撃時にはインサイドハーフ的なポジション。

 

ボールが収まるトップと、運動量があるウイングバックが必要なんだろうけどね。

うちのチームの場合、相手に守備セットされた時には崩せないから、カウンターが一番得点の匂いがするし、少し相手が強いとボールを回される傾向があるから、こっちも引いて守れる形の方が向いている気がする。

この形の場合、2トップと2ウイングの運動量が半端ないけど、逆に言えば、4人走れる人がいれば何とかなる。ような気がする。。

 

あ〜、でも、楔をなんども入れられて、相手選手が入れ替わりを繰り返すと守備ラインが壊れちゃうんだね〜。

プロのレベルでもこうなるんだから、難しいのかもな〜。

タイトルとURLをコピーしました