サッカーノート2016.3.17

スポンサーリンク

●岡崎のオーバーヘッド。動き直しが秀逸。

それを意識してフリーになれるように動いたら、ゴール前で良いポジションを取れた。

具体的には、パサーが出すタイミングを想像して、その直前にディフェンスを外す。大抵、動きを止めると外れる。走っておいて止まる。それで1秒は時間ができる。

 

当時はまだ前線だったんだな。今は逆にディフェンスの立場で考えるとどうなるんだろ?

やはりどうしてもパサーの方を見なきゃいけない瞬間がある。というか、そうしないとディフェンスできないし。なぜなら、相手に対してというよりもボールに対して動かないといけないから。

前々回の試合でも感じたのだけど、オフサイドポジションからオンサイドに戻られるのはすごく嫌だった。ボールもしくはパサーと、オフサイドポジションの相手を同時に視界に入れるのが難しいから。

なんとなく事象として似ている気がする。前回のエントリーの小林悠のこととも同じな気がする。

要するに、ディフェンスも、パサーの動きを観察してタイミングやボールが来そうなところを予想する。だけど、そっちにばかり気を取られらと、マーカーを見失う。

見失わないようにするにはどうするか。

一つは間接視野みたいな感じでマーカーを見ることかな。

もしくは、相手は無視。ボールの出所と来るところだけに集中する。これだと、予想外に対応できないけどね。

もちろんすべで守ることはできないし、その時の相手との数関係や、相手パサーへのマークの具合にもよる。

最近の試合ではクロスの時のマークがショボすぎる。そう言った場合は、ドンピシャなボールが来る可能性が高くなるから、視野に入るように少し下がり目でマークしたほうがいいのかもしれない。ゴールに近かったり真横からのクロスの場合、間合いを取っている場合ではないから、手を当ててマークの方に意識を集中してやるのだろうな。

タイトルとURLをコピーしました