地域子育て支援センターに行って来た

スポンサーリンク

歩いて5分くらいのところに、区の施設、南センターというところがあり、

月に2度、子供の遊び場として開放してくれているということで、行ってみた。
小雨の中、合羽を着せて、ベビーカーに乗せ、折り畳み傘を持たせる。
なかなか上手に傘を差している。
一生懸命すぎて、手が痛くなるようだ^_^;
10時頃に着いたが、すでにちらほらと親子がいた。
だいたい息子と同じ年頃か。
小学校の体育館の一回り小さいくらいの所で、室内用の滑り台や、なんていうのかわからないけど子供がまたがって遊ぶ車、おままごとの道具、ブロック、ボールなどが広げられていて、勝手に遊ぶ。
周りの子も、保育園に行っていないから平日の午前中にここに集まって来たわけで、
少し年上の子でさえ、周りのお友達と遊ぶ様子はない。
それぞれ勝手におもちゃを手にして、勝手に遊ぶ。
むしろ、周りとのコンタクトをしないようになのか(親も子も避けているのかもしれないな)、おもちゃの取り合いなどがあまりない。
ま、平和と言えばそうだが、コミュニケーションという観点では、物足りないな。
息子は大好きな電車のおもちゃや、おままごと遊びを黙々と行っていた。
保育園で鍛えられたのか、他人の物を平気で奪う^_^;
頼もしいような申し訳ないような。
帰ってから簡単に寝てしまったことからも、十分に遊んだと思われる。
主夫としては、やはりこういう場所はなかなか手強い。
わかってはいたけど、周りは全員女性。
いきなり世間話に加われるわけでもないし(そもそも、そういうキャラクターではない。。)、違和感を与えているかと思うと申し訳ない。
途中で支援員の方に声をかけられ、主夫になったことを告げると、とりあえず肯定された。
ま、さすがに、立場上、否定感を出すことはできないだろうけど。
まぁ、でも、これを機に男性が気軽に加われるような環境を考えてくれればいいかもしれない。
一応記しておくけど、特別嫌な思いをしたわけではないです。
お母さん方が違和感を感じているだろうな〜と、思っているだけです。
息子のためには、2人だけの世界と、他の人もいる世界と、バランス良く体験させて行きたいなと思っているので、これからも色々な施設に行こうと思っている。
タイトルとURLをコピーしました