イタリアンに中華

スポンサーリンク

日曜には待望のイタリアン。
というのも、先週は妻も息子もお腹ゆるい状態だったので、和食にしていた。

母親にもらったバジルが、一度死にかけていたのだけど、順調に元気になってきて収穫できそうだったこともあり、イタリアン作りたかったのです。

カブとドライトマトのペンネ
これは予想以上に美味しかった。
まず、カブがイタリアンなのか微妙と思っていたが、
NHKの今日の料理でもやってたし、トライしてみたいな〜と思っていた。
まず、カブの皮を剥いていた時点で気がついた。
カブって、良い香り。
大根と仲間っぽいと勝手に思っていたので、発酵臭を想像していたのだけど、全然違う。
甘い香りと野性味な香り。
カブをオリーブオイルで炒め、カブ菜をを加え、白ワインで蒸す。
ペンネを茹でながら、ドライトマト(ミニトマトをオーブンで自作した)をカブに加え、炒める。
ペンネを投入し、塩で味を整える。
簡単。

で、今日は買い物に行ったらひき肉が安かったので、餃子作ろ〜と思い立つ。
白菜かキャベツか悩んだが、安かったので白菜に。
08

46

ついでにピーマンと美味しい牛切り落とし(笑)があったのでチンジャオロースーも作る。
24

買い物の時に豚のかたまり肉も安かったので、煮豚も作る。
46
コチュジャンソースでも作るかな。

さらに餃子のタネが余ったので、追加で買い出し。シュウマイの皮とエビ。
59

初めて蒸し料理。鍋に水はって、高さのある器を台にして、布巾をかぶせたシュウマイを乗せた皿を鍋に入れる。
05
40

10分くらい蒸して終了。
少し形がだらけてるのは、タネがユルかったからだな。蒸し方はこれで使えそうだ。
39

今晩は中華三昧だな♪

タイトルとURLをコピーしました