読書の初夏11

スポンサーリンク

空海の風景 司馬遼太郎

恥ずかしながら告白すると,司馬遼太郎の本を読んだことが無かった.
この本が最初というのは,異端かもしれない.
中身を知らずに読みはじめたのだけれど,びっくりした.
小説ではなく,随筆とでも言うのだろうか.
空海に関する決して多くない資料を紐解き,
どのような人となりだったのか,そしてどのような人生を送ったのかを想像して行くという内容.
非常に緻密に情報を手繰り,紡いで行く.
これだけ細かく,丁寧に,想像と絡め合わせながら物語を形成して行くという作業が垣間みれ,
とても感動した.

タイトルとURLをコピーしました