サッカーノート 2020.6.24

スポンサーリンク

サッカーノート、久しぶりです。二ヶ月半ぶり。

二ヶ月半前に、子どもと多少の運動をしていると書いていましたが、学校も始まり、少し頻度は落ちていて、そして、よくなっているように感じていた膝は、なかなか痛みが取れないまま。

そんななか、部練習の再開の目処が立ったというお知らせが来た。

8月くらいから練習場(中学校のグラウンド)が使えるようだとのこと。

もちろん、再開したからと言って、家族の事情があるので、僕が再始動できるわけではないのだけれど、やっぱり、小さくても、かすかでもいいから何か目標っていうのは必要なんだなと感じた。

あわよくば、8月からの練習に行けないかなあと。

そのためには、一ヶ月と少しで、体をメンテナンスして、鍛え直さなきゃいけない。
今の状態で行っても、体力的にも動けないし、筋力的にも動かないし、そもそも膝痛が治りきっておらず、力が入らないだろう。

こんな状態からでも、僅かな希望があるだけで、モチベーションが上がった。

1週前くらいから柔軟体操をやっているのだが、少しずつ柔らかくなっている気がしている。

子どもが通っている体操教室のコロナ休暇中の動画で、柔軟は毎日やることが大事ですって、有名な元体操選手が言っていて、おじさんながら実践してみている。

もっとサッカーやれる頻度が高かった時は、もう少し柔らかかった気がするのだけど、本当に、凝り固まっている。老化。

腿裏と、股関節の特に前面と外側、そして骨盤が後傾しまくってる。

これをメンテナンスすれば、膝にも効いてくるんじゃないかと勝手に妄想している。

いずれにしろ、怪我の防止にもなるし、可動域が狭いことは、パフォーマンスの低下にも繋がる。

そんなわけで、サッカーノートを少し更新していこうかなと思う次第です。
ついでに過去のノートを読み返して、読みやすく改変して行こうかなと。

タイトルとURLをコピーしました