コロナウイルス による死亡率と予想死者数の続きの続きの続き

スポンサーリンク

これまでごちゃごちゃとやってきましたが、とうとう、この計算が無駄になるような状況に向かいつつあります。
感染の法則から、感染者というか死亡者数は何も対策を施さなければ、もしくは対策が効果的でないと、指数関数的に増加が続くわけです。

その傾向は、しばらく続きましたが、緊急事態宣言、連休を挟み、確実に死亡者数が減ってきている傾向が見られています。

緑が実数。青点が、初期に予想された指数関数的増加計算数。
大きく下回っていることと、少しみづらいですが、4/23と5/4あたりにあきらかに変曲点があって、上に方ように緊急事態宣言や、GW自粛の効果かなと考えられます。

まあ、GW明けてまだ一週間経っていないので、まだ油断なりませんが、感染者数じゃなくて死亡者数なので、データは信頼度高いでしょうし、ようやく落ち着き始めたと言っていいのではないかと思います。
ちょっとデータが半端ですが、連休中盤から15人弱/dayだったのが、5/11に24人なので、少し不安なので、今週が鍵を握っている感じでしょうかね。
と言っても、今週に亡くなられる方は先週に罹患した方が多いと予想されますから、結局連休中の自粛があまり徹底されていなかったという、悲しいデータと読み取れてしまうかもしれません。

あれですね、中間試験みたいな感じですね。

タイトルとURLをコピーしました