どうして空は青いの?

親子のための科学
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

子どもと暮らしていると、実はちゃんと説明できないことって、たくさんあるよね。

そんな時に、「うるせ〜!こうだからこうなんだよ!」というのは、教育上ちょっと・・・って思うよね。

一緒になって考えてみたり、調べたらわかるっていうプロセスを見せたりっていうのが大事なんじゃないかな〜と思っていますが、その一助になったらいいな〜。

子どもの疑問に真面目に答える科学シリーズ』と名付けてみた。その第一弾「どうして空は青いの?」。

ベタすぎて、そんな質問されたことないわ!って人も多いかもしれないけど、科学(特に自然科学)っていうのは複雑な出来事を単純化して理解を深めていくことなので、基本的なことをいくつか知っていれば、どんどん知識が増えていく。
なので、単純なことを積み重ねて行こうかと思っている。

子ども
子ども

ねえねえ〜、パパ〜。なんで空は青いの〜?

パパ
パパ

ほんとだねえ、なんで青いんだろうねえ?

子ども
子ども

わかんないよ〜、教えて教えて〜

パパ
パパ

まず、一番大事なことだけど、色っていうのは、どういう種類の光が僕たちの目に届いているかっていうのが大切なんだ。

子ども
子ども

光?電気とかお日様とか?

パパ
パパ

そうそう!お日様はすごく強い光を出していて、僕たちの目に光を届けているのだけど、さて、何色に見える?

子ども
子ども

う〜ん、絵本とかでは赤とかオレンジだけど、まぶしくってよくわからないよ。

パパ
パパ

その通り!まぶしくってよくわからない!実は太陽はいろんな色の光を放っていて、それが全部混ざっているから、何色かと言われるとよくわからないんだ。

やった〜!正解だあ!

そうだね。それで、いろんな色が混ざった太陽の光が、何か物にぶつかると、跳ね返されたり、色を取られたりするんだ。

子ども
子ども

跳ね返る?取られる?ってどういうこと?

パパ
パパ

少し難しい言葉では「散乱」や「反射」と「吸収」って言うのだけど、例えばスーパーボールを床に落としたら跳ね返ってくるよね?逆に粘度を丸めたものを落とすと潰れてくっついてしまうよね。これが散乱・反射と吸収のイメージ。

子ども
子ども

じゃあ、太陽の光が空にあるものにぶつかっているってこと?

パパ
パパ

その通り。空には、たくさんのチリが浮かんでいて、それに太陽のまぶしい光が物にぶつかる。そうすると、ある色の光はぶつかって反射したり散乱したりするけど、ある色の光はぶつからない。

子ども
子ども

ぶつかる光とぶつからない光があるの?

パパ
パパ

そう。ぶつかりやすい色の光と、ぶつかりにくい色の光があるんだ。波長の長さが違うからなんだけど、それはまた今度説明するね。

子ども
子ども

赤い光と青い光はどっちがぶつかりやすいの?

パパ
パパ

青い光だよ。青い光は、空のチリにぶつかって散乱する。ぶつかってはあっちにいって、ぶつかってはあっちにいって、というのを繰り返すから、空から青い光が出ているように見えるんだ。

子ども
子ども

なるほど〜。じゃあ、赤い光はどうなるの?

パパ
パパ

赤い光は、チリにほとんどぶつからないで通り抜けてしまうから、空が赤い光を出すようにはならないんだ。だから、大切なことは、物に色がついているわけではなくて、ある色の光が物に反射したり散乱されて、その色に見えているってことなんだ。

子ども
子ども

空が青いんじゃなくて、空は青い色の光を僕たちの目に届けているってことなんだね!

パパ
パパ

そういうこと〜!

タイトルとURLをコピーしました